2009年8月アーカイブ

P1020406.JPG

NEW! ブラックバス

P1020425.JPG

NEW! ワタカ

P1020426.JPG

NEW! キンブナ(?)

P1020449.JPG

NEW! ヘラブナ

P1020464.JPG

ヘラブナ

P1020290.JPG

NEW! イサキ

P1020327.JPG

スズメダイ

P1020341.JPG

NEW! ヒラマサ(?)

P1020345.JPG

マアジ(クロアジ)

P1020358.JPG

ゴマサバ

P1020399.JPG

マサバ

P1020377.JPG

シログチ(イシモチ)

P1020391.JPG

NEW! アカカマス

釣り歴は30年以上だが、実は陸っぱり専門だったつれないくんが
遂に沖釣りデビューを果たしました。

勝手がわからず、ずっと敷居が高かったのですが、最近新種がパッとしなくなり、
新天地を求めて重い腰を上げました。

沖釣りをやってる会社の先輩を(おっと実はつれないくんも会社員)タバコ部屋で無理やり誘い
ワラサ釣りに行きたかったらしいところを「色々釣れて面白そう」という理由で強引に
LT(ライトタックル)五目に変更してもらって茅ヶ崎の沖右ヱ門丸さんで出港。

船なんて「船長さんが釣れるところへ連れて行ってくれてタナの指示からシャクリ方、
待ちの秒数まで教えてくれるんだから釣れないわけがない」とナメていたのですが、
どっこい最初のポイントに着いて開始の合図で仕掛けを投入しても
ウンともスンともいいません。
隣の隣のオジサンはバンバンとイサキを上げており、
実は大して上手くはない組だったことが判明した隣の先輩と「何が違うんですかね~」
「ん~何だろうね~」「魚はいるんだよな」「明らかにウデですよね~」
なんてつれないくんの本領発揮的な会話をしていました。

暫くしてコマセを詰め替えようと仕掛けを上げてみると、ひょっこりイサキがくっ付いていました。
どうやら直前に先輩からもらったクッションゴム(船宿指定仕掛けにはない)を装着したのがアダと
なって、アタリが伝わらなくなっていた模様。

その後は(隣の先輩ではなく)隣の隣のオッサンのつり方を眺めながら真似してみて
ポツポツと釣れる様になりました。シャクリ方ひとつとっても明らかにワザがあるようです。

五目釣りということでか、あまりひとところに留まることなく、転々と移動を繰り返して
魚種も増えていきます。

写真は撮りませんでしたが、流石沖釣りなのでネンブツダイもキュウセンやササノハベラもみんな
バカでかいです。

写真のヒラマサ「候補」(パッと見ワカシですがクチビルの角が丸かったのと腹ビレが黄色く長いから暫定でヒラマサの子としました。)が釣れた後あたりから暫く沈黙が続いたのですが、
西のほうへ大移動するとマアジやマサバ、ゴマサバ、マルソウダなどの食いがまた立ってきました。
逆にサバの猛攻にウンザリしながら、時折イシモチが混ざり、
最後はドデカカマスを船長に初めてタモ入れしてもらって13:30沖上がりとなりました。

最初は「船乗ってボウズなんてありえないっすよね~?」「いや、それがあるんだよ」なんて感じで
どうなることかと思っていましたが、終わってみれば結構おもしろい半日でした。
先輩も「普段1匹釣れるか釣れないかなんて釣りやってるから、こんなに忙しい釣りするとついていけない」なんて感じで沖上がり前に道具片付けてご満悦。

当面沖釣りにハマって見ようと思います。

P1020230.JPG

NEW! ナマズ

P1020234.JPG

ニゴイ

P1020239.JPG

タモロコ

P1020242.JPG

NEW! ズナガニゴイ(?)

P1020268.JPG

カワムツ

P1020274.JPG

NEW! アブラハヤ

昔はナマズなんてその辺の川でもよく釣れたもんだが
最近は管理釣り場でのターゲットになっていたりする。
聞けばペレットで養殖するんだそうな。
ルアーもスプーンに食いついてくるし、なんか変な感じ。

様子

定番の飯盛川はタモロコの巣になっていたので
何十年かぶりに故郷の小畔川を訪ねてみた。

ブラックバスに汚染され他にはブルーギルしかいない、と聞いていたが
行ってみると水も綺麗で、当時でさえめったに釣れなかったアブラハヤが入れ食い。
アブラハヤってどっちかというと渓魚だよね?
復活の兆しかな。

P1020137.JPG

ネンブツダイ

P1020159.JPG

クロホシイシモチ

P1020150.JPG

NEW! ?ベラ(未記載?)

P1020156.JPG

?ベラ(未記載?)

P1020166.JPG

?ベラ(未記載?)

P1020167.JPG

オハグロベラ

P1020162.JPG

ホンベラ

P1020176.JPG

メジナ

P1020179.JPG

NEW! カットスロートトラウト

P1020194.JPG

カットスロートトラウト(ヒレはボロいが斑点が比較的くっきり)

P1020207.JPG

カットスロートトラウト(名前の由来である喉の赤が比較的はっきり)

別件の用があり東伊豆で雑魚と戯れ。
空バリに鈴なりになるほどのネンブツ系の嵐にウンザリする中、
時折ベラ系が混じる程度。
その中で綺麗な赤いベラ(?)がポツポツと混じっていた。
図鑑を引っくり返してもそれらしき姿なし。遂に未記載種か?!

雨が酷くなってきたので、カットスロート放流の情報が入ったレイクフォレストへ。
ここもニジマスばかりでうんざりしていたところ、
終了1時間前くらいにひょいと移動した流れ出し付近でドライフライにカットスロートばかり
入れ食いモードに突入。
でもコンディションはよろしくないな。

P1020106.JPG

NEW! ニセカンランハギ(?)

P1020113.JPG

NEW! オビブダイ

P1020116.JPG

クロハギ(?)

P1020121.JPG

オビブダイ

P1020125.JPG

NEW! アカヒメジ

P1020132.JPG

NEW! チョウチョウウオ

カスミメッキに飽きたので島の反対側へ行ってみた。
顔触れもガラッと変わり、引きの強い外道衆が遊んでくれた。
相変わらずナントカハギの名前がわからん。

P1020066.JPG

カスミアジ

P1020077.JPG

クロハギ(?)

P1020079.JPG

NEW! オキフエダイ

カスミメッキは相変わらず入れ食い。
これだけ幼魚がいれば、リーフの外にはさぞ成魚もウヨウヨいることだろう。
行きてー。

P1020021.JPG

NEW! カスミアジ

P1020026.JPG

カスミアジ

P1020031.JPG

NEW! クロハギ(?)

P1020032.JPG

NEW! ニセクロホシフエダイ(?ロクセンフエダイ?)

カスミアジ(の幼魚)がウヨウヨいる。
なんとなっく輪郭が青っぽくなってきているような…。
他のは同定困難。
クロハギ(?)の引きはなかなかのもの。流石ニザダイ科。

カテゴリ

月別 アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.2.7

2017年2月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

このアーカイブについて

このページには、2009年8月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2009年7月です。

次のアーカイブは2009年9月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。