2009.9.22 沖右ヱ門丸

| コメント(1)

P1020491.JPG

NEW! カツオ

P1020512.JPG

カツオ

前回の「船中型見ず」のリベンジ(実はつれないくんはボウズの日の日記は書いていない…)で、
再度茅ヶ崎の沖右衛門丸から茅ヶ崎沖へ本ガツオ狙いで出船。

前回の貸し竿があまりにも頼りなく、掛かっても獲れるのか?って感じだったので
カツオ竿と電動リールを新調してのチャレンジです。

朝一ではマルソウダがパラパラ釣れただけで、トビウオやカジキが飛び交う沖合いを
またひたすら群れを求めて彷徨うモードに、前回の悪夢が頭をよぎりました。

鳥山の中でどっかの船が一本釣りでポンポンとカツオを船上に舞わせているのを発見して、
その周りで釣り始めると、まずルアーの方に(つれない君はオキアミ)ヒットが連発しました。
他のオキアミの人たちにも当たりは無いようなので、カッタクリのバケにチェンジするも反応なし。
ああ、今日はイワシ追ってるのでオキアミには口を使ってくれない日か…と、負けを覚悟した時、
「あれ、貰っちゃうか」と仲乗りさんが呟くのが聞こえました。
何のことだろうと思っていると、やおら目の細かい網を海中に突き刺し、ゴソっと何かを掬いました。
「ハイ、コレ付けてみて~」。網の中を見るとカタクチイワシの塊でした。
はっは~ん。コレに鳥もカツオも狂ってるんだな。
皆でイワシを餌に仕掛けを投入するとあちこちで竿が曲がり始めました。
遂につれない君の竿先もクンクンッと生命反応があったあと、大きく海中に刺さります。
キターッ。サーフの弓ヅノで釣るソウダガツオなんかとは比べ物になりません。
前後左右にハデに走り回ります。揺れる船上という事もあって腰砕けになりながら
やっとのことでテンビンを掴み、ハリスを手繰り寄せると船縁のところで
なんと痛恨のバラシ。あーっ。恥ずかしがらずにタモは絶対使うべきですね。

その後、イワシでもう一本追加した後、さっき掬ったイワシがなくなったのでオキアミへ。
オキアミでも一本釣って結構満足モードに。
カツオはもういいからメジを、と贅沢なこと思い出したらその後は続かず沖上がり時間。

帰宅後、タタキと腹の部分のトロを刺身でおいしく頂きました。

次回はメジをメインに狙ってる船に乗るか、全然違う赤い系の魚にするか迷ってます。

船宿の写真集

コメント(1)

沖釣りデビューっすね。
私もこの秋からボート釣りデビューっス。

やっぱり陸っぱりより釣れるね。

コメントする

カテゴリ

月別 アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.2.7

2017年2月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

このブログ記事について

このページは、つれないくんが2009年9月23日 22:57に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「2009.8.30 吉羽園~川越フィッシングセンター」です。

次のブログ記事は「2009.10.11 日本イワナセンター」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。