2009年11月アーカイブ

P1030051.JPG

NEW! ユメカサゴ

P1030057.JPG

NEW! チダイ(ハナダイ)

P1030071.JPG

チダイ(デコッパチ)

P1030084.JPG

NEW! カイワリ

P1030099.JPG

NEW! チカメキントキ

リレー釣りでいろんなものを釣らせてくれるという南房江見太夫崎港の渡辺丸さんから出船。
港に着いてみると今日は私一人のみとのこと。
乗合料金で貸切状態じゃん、と内心ほくそ笑むも、日曜に一人なんて何かイヤな予感が...。

前半のフラッシャーサビキはまるでダメ。謎のユメカサゴ(写真)とゴマサバ1匹のみ。
潮がきつく、船長の言う水深140mに対して、リールの糸出し量は160mとかになっている。
糸ふけだけで20mかよ、とか思っていると200号のオモリが根がかり。
ラインはPE6号に仕掛けの幹糸は12号なので、ブチ切るにも一苦労。
早々に後半のアマダイ五目に仕掛けチェンジ。

一応コマセを使ったアマダイ五目なのだが、
実はつれないくんの本命は世間様で言うところの外道で
(アマダイは前回釣った。一度釣ったら皆外道)
ひとしきりハナダイの入れ食い(デコッパチの良型混じり)に遭遇した後、カイワリやキントキなど
B級の良型が飽きない程度に竿を絞り込んでくれました。
写真以外ではマダイ、カワハギ、相変わらずのゴマサバなど。

個人的には結構満足して港に戻ると、船長曰く
「いや~、沖潮悪かった(この場合早すぎ)でしょう。最近ずっとなんだよね。
おかげで中深場の釣りが全然できなくてさ~。潮が直ればキンメとか色々釣れるよ~」
客がいないのはそれか。世間一般ではB級魚ばっかだもんな。それにしても
「先に言ってよ」
でも、一つの魚種に固執せず、色々釣らせてくれる船宿さんは少ないし、
つれないくんの趣向にピッタリだし、潮の状況を見てまた行きたい船宿さんが一つ増えました。

P1030003.JPG

NEW! ヒメコダイ(アカボラ)

P1030017.JPG

NEW! アカアマダイ

P1030022.JPG

NEW! オナガウツボ(?)

P1030027.JPG

NEW! カナガシラ

P1030029.JPG

アカアマダイ

P1030035.JPG

NEW! ホシザメ

P1030036.JPG

アカアマダイ

アマダイリベンジで小田原・早川港の富三丸さんから出船。
アマダイ釣りお約束の多彩な外道交じりでアマダイ5尾をゲットしました。
写真以外にはクラカケトラギス、チャリコなど。
初めての船宿はいつもドキドキですが、船長さんが優しかったのも印象的です。
アマダイはムニエルでマジウマかったです。

P1020959.JPG

NEW! テラピア類

同センター内タヒチ村で現地の釣り体験。
針金を曲げただけの先も尖っていないツリバリを木の枝の先からたらした糸に結んであるだけの
超プリミティブな釣りです。エサは小麦粉と思われるようなものをこねたネリエサ。
こんなんで釣れるのか?と思いきや、子気味よいアタリであがってきました。
魚もプリミティブ。
ガイドさんがテラピアといっていましたが詳細な種は不明です。

P1020930.JPG

カスミアジ

P1020935.JPG

NEW! バラクーダ(ダツ?)

義妹のハワイ結婚式参列にかこつけて船を半日チャーターしました。
当初は沖のディープジギングでヒレナガカンパチを釣ろうと、メタルジグをしこたま買い込んで
ハワイへ上陸したのですが、低気圧の接近により沖は大シケとのこと。
急遽リーフ周りのポッパーキャスティングに切り替えました。
どっちにしても初のオフショアルアーです。

ココ・マリーナからダイヤモンドヘッド方向にリーフ際を流しながらひたすらキャスティングした
2流し目、なんかポッパーが見えないなと思った矢先にドラグがジーと滑り出しました。
キャスティングはラインが太いと見切られるらしく、なんだか頼りない極細ラインとユルユルのドラグで
巻いても巻いてもその分スプールも逆転して、やっと寄ってきたのが写真のカスミアジ。
海中でヒラを打つときからトレードマークの青いラインが美しく、
以前久米島で赤ちゃん(メッキ)を釣ったときとは全然印象が違います。

その後も何度かポッパーの周りでスプラッシュするもなかなか乗らず、
雨季のハワイでのシャワーも無視して投げ続け、
やっと乗ったと思ったらジャンプ一発でバラシ。

これで最後の流しだよ、とキャプテンが言った直後にまたスプラッシュ。
と同時にドラグがジリッ。
先ほどのカスミアジの下へ突っ込む引きとは違い、何度もジャンプしながら
キャッチしたのはキャプテンが言うところの「バラクーダ」。
でも、これってダツでは?しかもメーター級。

最後にキャプテンがポッパーのコツを教えてくれました。(最初に言ってよ)
1.とにかく遠くへ投げること。
2.ラインを水につけず、空中に浮かせたまま引くこと。

いやいや楽しかったです。ハワイアンレインボウクルーズさんまた行きたいです。
そう簡単には行けませんが(^^;

P1020680.JPG

NEW! タイリクバラタナゴ(♀)

P1020702.JPG

NEW! モツゴ

P1020747.JPG

NEW! タイリクバラタナゴ(♂)

P1020763.JPG

ヘラブナ

懐かしい美しさです。
こんなに小さくてもちゃんと口に掛かってくるんです。
他にもアカヒレタビラやカネヒラなどがいるそうです。

P1020662.JPG

NEW! ムツ

南房・太海港からフラッシャーサビキリレーで出船。水深150mとかの未知の世界へ。
長い仕掛けの取り回しにまごつき、船長に怒鳴られながらも
朝一時だけムツの入れ食いモードに遭遇するが、後はゴマサバの猛攻ばっかり。
釣ったサバを切り身にしてのオニカサゴ狙いも不発で、風が強くなってきたので10:30早上がり。
メダイやメジを釣っている人もいました。

カテゴリ

月別 アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.2.7

2017年2月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

このアーカイブについて

このページには、2009年11月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2009年10月です。

次のアーカイブは2009年12月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。