2011年1月アーカイブ

P1040484.JPG

アカアマダイ

P1040487.JPG

NEW! ソコイトヨリ

庄三郎丸の沖釣り釣果情報より

葉山からアコウ狙いで出る予定だったけど、風で出船中止になってしまったので
急遽先日シロアマダイが釣れていた庄三郎丸さんへ。

一流し目からアマダイゲットで船中一番乗り、
当然のようにシロアマダイなんか釣れなかったけど
良型も混じって、終わってみれば竿頭。

これでイトヨリがソコイトヨリじゃなけて本物のイトヨリだったらなぁ。
その他は定番外道のアカボラ、トラギス、ガンゾウ、ヒメジ、カナド、ウミヘビ…

アマダイはやっぱムニエルですね。

P1040461.JPG

ユメカサゴ(ノドクロカサゴ)

P1040472.JPG

NEW! フウセンキンメ

P1040476.JPG

キンメダイ

P1040479.JPG

フウセンキンメ(上)とキンメダイ(下)

P1040481.JPG

キンメダイの鼻の穴

P1040482.JPG

フウセンキンメの鼻の穴

年末に遂にPE8号が800m巻けるという深場用リールを買ってしまったつれないくんが
デビュー戦に選んだのは、とにかく評判のいい小坪港の太郎丸さん。
シロートが四の五の感想を述べてもしょうがないので、一度乗ってみてください。
釣果だけではなく船長がいいです。

オモリは250号という、深場としてはライトですが、深さは400m超もあり、
未知の世界へまた踏み出してしまいました。

裏本命のアコウは釣れませんでしたが、良型のキンメが多点掛けでゾロゾロ上がってくる様は
深場ならでは。

お隣さんはアコウ(ぱっと見汚かったので多分アラメヌケ?)釣ってました。
スミヤキとか混じり物も違うし、仕掛けもデコレーション系
(つれないくんはキンメ用のシンプル系)だし、
タナ取りとかの釣り方も違うのでしょう。
キンメは底から4m切って、との指示でした。アコウはベタ底?

ウチに帰って捌こうとして、ふと1匹だけなんとなく体型が違うな、と思う
個体に気づきました。釣っているときにはなんてことなくクーラーにおさめていましたが
並べてみると体高が高いような気がします。(写真)
目に近いほうの鼻の穴を見てみると他の個体はスリット状に切れ目があるだけですが
コイツは楕円でばかっと開いています。

キターッ。新種のフウセンキンメです。

ちなみに味に差は感じられず、皮をさっと炙った寿司が絶品でした。
明日はしゃぶしゃぶかな。

太郎丸フォトギャラリーより

カテゴリ

月別 アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.2.7

2017年2月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

このアーカイブについて

このページには、2011年1月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2010年12月です。

次のアーカイブは2011年2月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。