2011年8月アーカイブ

モロコ狙いも玉砕。
やはり幻ですな。

P1040764.JPG

NEW! カクレクマノミ

P1040775.JPG

オジサン

P1040777.JPG

メギス(♂)

P1040780.JPG

メギス(♀)

P1040782.JPG

NEW! テリエビス

P1040786.JPG

NEW! ヒレナガスズメダイ

P1040788.JPG

メギス(♂)

P1040789.JPG

メギス(♀)

なんと!!
無くしたSDカードが出てきました。

最終日に観光でまわった東平安名崎の灯台の職員の方が
近くのお店に落し物として届けられたSDカードのことを聞きつけ
SDカードを探して付近をうろついていた妻のことを思い出し
わざわざ郵便で送ってくれました。

拾っていただいた方
お店の方
そして灯台のY.Sさん
本当にどうもありがとうございます。

つれないくんが釣った魚一覧(2011/8/11現在246/3,863種)

最終日前日夕マズメ。

島の北の方の港をいくつか見て回ったのですが
なんだかパッとせずホームグラウンドに戻りました。

日中にビーチの浅瀬で手掴みで捕まえた

カクレクマノミ

や、

定番の

ムラサメモンガラ
オジサン
メギス(♀)

に加えて、夕マズメの沈み石の穴釣りという新手法で

メギス(♂)
アヤメエビス
ヒレナガスズメダイ

などの新種をゲットしたのですが、
つれないくんの妻がそのメモリーカードを紛失してしまい
ショックなことに写真なしでドローです。

また来たときにでも。

P1040744.JPG

NEW! メギス(♀)

P1040747.JPG

NEW! ミツボシキュウセン

P1040748.JPG

オジサン

P1040755.JPG

アイゴ(シモフリアイゴ型)

ちびおの自由研究後半戦です。
仕掛けは相変わらず。
でもエサは、より食いつきやすいように
オキアミをやめてサシアミにしました。

だからって訳じゃないでしょうけど、また新種を追加。
顔の感じからアカミーバイという先入観があって、メギスにはなかなか辿り着けませんでした。
ミツボシキュウセンもフツーの図鑑には載っていません。
沖縄魚図鑑でやっと見つけました。

旧シモフリアイゴは現在は遺伝的にはアイゴと同一とされているそうです。

つれないくんが釣った魚一覧(2011/8/11現在243/3,863種)

今年5月のキハダのスピードと6月のイシナギのトルクを併せ持つ様な暴力的な引きに
「今、この手を離してしまえば楽になるのかな...」との思いが頭をよぎった。

そう、国内最高峰のターゲット「GT」についにチャレンジです。


タックルのセッティングをして、船長から潮時表を基にした今日の作戦を伺い、

P1040733.JPG

高野港から出航。

ファーストコンタクトは以外にも早くやって来ました。
最初のポイントでの1流し目か2流し目、恐らくこの釣りの醍醐味であろう水柱が
ズボッと立つと共にロッドが持っていかれました。
「フッキング!フッキング!」という船長の声で我に返り、追い合わせを2回くれてやると
いずれもそれなりの手ごたえが。
にもかかわらず、次の瞬間ふっとゼロテンションに。

「あ~」という字に濁点を付けたような声を発して悔しがるつれないくんに
「大丈夫、大丈夫、まだまだ」と船長。
大丈夫なわけないじゃん。
2日ぶっ通しでやってアタリゼロ、なんて釣りで、
このチャンスを逃したらボウズ確定でしょ。

案の定、暫く沈黙が続く。
瀬周りを諦め、沖に出てナブラ撃ちに移行。
ルアーが着水するとトビウオが飛び出す。
でも、それだけ。

何十回投げただろうか、という頃に
ビュンッと銀色の影がルアーの左から右へ走りました。

その残像の意味を脳が理解しようと必死に解析している間に
またもやロッドがのされます。

「来た~」
「フッキング!フッキング!」とまた同じアドバイスをもらって
今度は力の限りあおる(というより引っ張る)と、ドラグが一気に滑り出します。

ここからが、別の意味で辛い時間の始まりでした。
竿を立て、寝かしながらリールを巻き、でも巻いた以上に糸を出され...
の繰り返し。

俺は一体何を引っ張ってんだろう...
まさか根掛かりじゃないだろうな...
今、この手を離してしまえば楽になるのかな...

「GTならそろそろ観念してくるはずなんだけどな、イソマグロかな」と船長。

計っていたわけではないので、正確にはわかりませんが
辛さも手伝って、かれこれ1時間近く引っ張り合いをしている気がします。

でも、徐々に、巻く量が出される量を超えてくるようになり、
スプールを手で押さえるという高等戦術(?)も使う余裕が出てきた頃
遂にリーダーが見えました。
海中の銀色の魚影が見えると
「GTだ!」と船長。

ところが、ここからがまた長い。
リーダーは4ヒロしかないのに

今、この手を離してしまえば楽になるのかな...
また、こんな思いがよぎるほど。

だいぶ浅いところまで引っ張られてきているので
船長も必死に船を操ってくれている模様。

遂に
「浮いたー!」

P1040734.JPG

NEW! ロウニンアジ

P1040736.JPG

前から~(この迫力!)

P1040737.JPG

なかなか真上からの写真が撮れない...

P1040740.JPG

お約束
この瞬間を待っていた(^^)
(種数のみにこだわり、サイズや数にはこだわりのないつれないくんですが一応)130cm25kg

一息入れた頃、予定通り潮止まりの時間を迎えたので
ちょこっとジギング。
60~80m位のところにベイトの帯が続いている。
今度は船長も一緒にシャクリ始めると、まず船長にカスミアジがヒット。
が、最後抜き上げようとしたところで痛恨のバラシ。
「刺身が~」と悔しがり方がヘンでしたが、
私がタモ入れるべきでしたね。すいません。

こんどはつれないくんのロッドにゴンゴンッと生命反応が。
で、

P1040743.JPG

NEW! スマ

美味そうです。
刺身用に船長に差し上げました。

潮が動き出したので、トップゲーム再開。
ナブラはもう立たなくなってしまったのでリーフ周りを攻めることに。

徐々に港に向かいつつあちこち攻めるが、ダツのバイトがあったくらいで
先細りで終了か、それでも充分満足だな、と日も傾きかけた頃、
ピックアップ寸前のルアーにまた水柱がガバーッと立ちました。
間近なだけに迫力もさっきの比ではありません。

「ここで来るか?!」と意表を突かれて、また体制不十分の中、今度は自らフッキング成功。
同時に糸が出されます。
一方的に出され続け、「根があるから気を付けて」という船長のアドバイスに
いつぞやのヒラマサバラシシーンが頭をよぎった瞬間プツンッ。

巻き上げてみるとラインの切れ目が毛羽立っています。
完全に根ズレです。

バイトの瞬間、船長はGTと目が合ってしまったそうです。
黒くて、さっきよりももっとデカかったとのこと。

残業までして頂きましたが、さすがにこの後はなく帰港。

で、大満足です。

GT初挑戦で1日に3バイトもあって1キャッチもできました。
事前の問合せ時に
「私ができるのは魚の居る、出る、釣れる・・・場所にご案内するだけです。」
と仰っていた新城船長、どうもありがとうございました。

いつかちびおを連れてまた行きたい(プカラス号HPより)

タックルは
GT
ロッド:ufmウエダのレンタルロッド
リール:ソルティガ4500H
ライン:PE4号(ULTRA CASTMAN)
リーダー:フロロ16号
ルアー:tailwalk NATIK170mmイナダカラー(1発目)
     tailwalk NATIKslim170mmブルーカラー(2発目)
     SOLTIGA DORADO SLIDER HIRAMASA TUNE 180mmフラッシュカタクチカラー(3発目)

ジギング
ロッド:レンタルロッド
リール:トーナメントZ3500iA
ライン:PE3号
リーダー:フロロ18号
ルアー:CBマサムネ115gシルバー

要は外房ヒラマサタックルでも獲れないことはない、って感じです。
恐ろしい苦難を強いられはしますが(^^;

つれないくんが釣った魚一覧(2011/8/10現在241/3,863種)

P1040720.JPG

NEW! ハナフエフキ

P1040725.JPG

NEW! ヒメタマガシラ

P1040726.JPG

カスミアジ

P1040722.JPG

明日乗る船が出る港の下見を兼ねて、島の反対側の港へ。
仕掛け、エサは朝と変わらず。

朝、実はボウズだったちびおがここでは初物を出す。
釣った瞬間は金色っぽい体色に背が緑がかったような「ん?何フエダイだ?」
って感じだったのだが、バケツに入れて暫くして写真を撮ろうとすると
まったく別の魚のように地味~な色に化けていた。

図鑑に載っているものの中ではタテシマフエフキが一番近いかな~と思ったが
縦線が4~5本あったら近似種のハナフエフキである、との記載が気になって
ググって見たところ、この種に辿り着いた。
エラブタに2本の赤い線があるのが特徴、とのことで確定。

その後、明日の船の船長から集合時間等の確認電話が入り、
ちびおから一瞬目を離していると「釣れたー!」との叫び声が。

完全に一人で釣ったのが相当嬉しかったらしく、興奮気味。
サイズも(彼にしてみれば)まあまあの大きさ。

でも、また種がわからん。たぶんタマガシラ系だろうとは察しがついたが
図鑑と見比べてもヒトスジタマガシラと迷った。
決め手はアイシャドウみたいな目の上部の青い筋。
ヒトスジタマガシラは目の後方が青いらしい。

いやー、自由研究っぽくなってきましたよ。

その後、場所を移動してみると、またカスミメッキの巣に当たってしまった。
お願いだからロウニンメッキは釣れないでくれよ、と心の中で叫んでいたが、
そんな心配は無用で、ロウニンはおろかオニヒラメッキすら混じらず。
この島はカスミに包囲されているのか?

ちびおは今朝の借りを返せてご満悦のようなので納竿。

つれないくんが釣った魚一覧(2011/8/9現在239/3,863種)

P1040705.JPG

NEW! ムラサメモンガラ

P1040711.JPG

オジサン

P1040713.JPG

カスミアジ

今年の夏休みは沖縄・宮古島へ。

ちびおは宿題の自由研究を去年の二番煎じで、「沖縄で釣った魚を図鑑で調べる」にしたいらしいので
まずはおあつらえ向きの港を探そうと思っていたら
なんとホテルのド真ん前が「釣ってください」と言わんばかりに漁港になっている。

早速朝食前の小一時間竿を出したところ
カラフルなカワハギやカラフルなヒメジが小気味よく竿を引き絞る。

ちょっと場所を移動するとイトヒキアジがフワフワと泳いでいるのを発見。
あの手この手で狙ってみたが、不思議そうにエサを見つめるも食いつかずにまたどこかへ漂っていってしまう。
仕掛けを引き上げようとすると、どっからともなくメッキが飛び出してきて期待させるが、釣ったことあるカスミのみ。

どこかのオジサンがヤシガニを捕まえているのを見ながら午前の部終了。

仕掛けは
投げ仕掛け
胴突き仕掛け

エサは
オキアミ(現地調達)
イソメワーム(東京から持ち込み、沖縄では虫エサが売られているのを見たことない)

つれないくんが釣った魚一覧(2011/8/9現在237/3,863種)

カテゴリ

月別 アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.2.7

2017年2月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

このアーカイブについて

このページには、2011年8月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2011年7月です。

次のアーカイブは2011年9月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。