2012年8月アーカイブ

P1050744.JPG

NEW! マフグ

P1050746.JPG

マサバ

P1050752.JPG

マアジ

P1050756.JPG

クロソイ

P1050759.JPG

カタクチイワシ

今日はサビキが一時入れ食いに。しかも北海道らしからぬ魚種ばっか。
でも、ほとんどフグのオンパレードでたまにその他が混ざる感じ。

投げはサンマ切り身、塩イソメ、塩エラコ、偽イソメを使って胴突き、吹流し、ブラクリなどあらゆる手段を講じましたが、河豚のみ。

仕掛け
竿:シーバス
リール:スピニング
仕掛け:サビキ(ハゲ皮、トリック)
エサ:コマセアミ

つれないくんが釣った魚一覧(2012/8/24現在257/3,863種+11)

空き時間(?)ができたので、富良野のプリンスホテル近くを流れる空知川に行ってみました。
海釣りの道具しかなかったので、テンビン2本針+偽イソメというナメた仕掛けでちびおの川釣り初挑戦です。

何投かして微妙なアタリが一回だけ、と案の定な展開でしたが、
突如
「釣れる?」
と、地元(と思しき)おじさん登場で急展開。

「イナゴ付けてみ。腹の緑のヤツな」
と、河原で捕まえたイナゴを差し出してくれました。

早速針に装着し、ちびおに投げさせてみると
「なんかアタった気がする」
巻き上げてみると、針をかけた頭の部分以外を食いちぎられていました。

「一撃でやられたか。普段食いなれてるエサが一番いいんだよ」
とおじさん。

その後、イナゴを捕まえては投げ込んで、アタリは出るのに合わせても掛からない状況が続きます。
「俺なんかがやるときは、もっとデカイ針使うけどな」
と。

「そもそも、ここ何がいるんですかね?」と聞いてみると
「ニジマスとか。5~60cmくらいのが。」
「えっ、そんなのが普通の川にいるんですか??」

フナ狙いのつもりでチョイスした針なので小さすぎですっぽ抜けてるのでしょう。
でも、残念ながら時間切れ。

「再チャレンジしたい」と、ちびお。

さすが「でっかいどう」ですな。

仕掛け
竿:シーバス
リール:スピニング
仕掛け:テンビン2本針
エサ:偽イソメ、イナゴ

P1050676.JPG

クロガシラガレイ

P1050678.JPG

クロガシラガレイ(無眼側)

P1050682.JPG

NEW! マガレイ

P1050684.JPG

マガレイ(無眼側)

P1050691.JPG

ニジカジカ

今日はマガレイも混じりました。
ガヤも相変わらず。

でも、朝はいまいち低調な気がします。
水温が上がる夕方のほうが活性が高い気がします。

仕掛け
竿:投げ、磯、シーバスなど
リール:スピニング
仕掛け:胴突き、もしくは遊動(道内ではテンビンはあまり使わないらしい)
エサ:塩イソメ(朝一は釣具屋さんが開いてないので、前日に購入)、偽イソメ、サバ切り身(同じく前夜にコンビニでゲット)

つれないくんが釣った魚一覧(2012/8/20現在256/3,863種+11)

P1050644.JPG

NEW! ソウハチ

P1050648.JPG

ソウハチ(無眼側)

P1050649.JPG

ソウハチ(片眼は上)

P1050652.JPG

NEW! クロガシラガレイ

P1050655.JPG

クロガシラガレイ(無眼側)

P1050659.JPG

クロガシラガレイ

P1050660.JPG

クロガシラガレイ(無眼側)

P1050661.JPG

NEW! アイカジカ

P1050671.JPG

NEW! ニジカジカ

P1050673.JPG

エゾメバル

北海道でまじめに投げ釣りをしたのは実は初めてでしたが、飽きない程度によく釣れました。
白灯のある、海上保安庁の巡視艇が係留されている堤防で、
ちびおでも余裕で届く港内向きのチョイ投げで、です。

仕掛け
竿:投げ、磯、シーバスなど
リール:スピニング
仕掛け:胴突き、もしくは遊動(道内ではテンビンはあまり使わないらしい)
エサ:生イソメ(港隣接釣具店アベスポーツで購入)

つれないくんが釣った魚一覧(2012/8/19現在255/3,863種+11)

ちびおの自由研究ネタ釣り第2回。

本日5種ゲットし、前回と合わせて6種に。
目標は10種らしいので、あと4種を北海道でゲットできるか?!

全貌は夏の終わりにでも。

つれないくんのほうはデカいカワハギを見釣りでゲットし
初めて刺身のキモあえをしてみました。

マジで旨いです。

モロコ獲ったど~!!

P1050619.JPG

NEW! モロコ(クエ)エサ用のサバの生簀にて

P1050622.JPG

モロコ(クエ)横から

P1050627.JPG

モロコ(クエ)前から

P1050628.JPG

モロコ(クエ)計量後(22.19kg:イシナギ、GTに続くつれないくん史上3番目の重さ)

P1050631.JPG

モロコ(クエ)台所では捌けないので玄関先の道路にビニールシート敷いて解体開始

エサ用のサバ確保後、泳がせ開始早々の2流し目
「なんかサバが元気だな~、もしや近くにモロコがいるんじゃ、なーんてね」
などと心の中でおちゃらけながらぶるんぶるん震えている竿先を眺めていたら
グイッ「ん?」
更にグイッ「おやおや?」
そしてズギューン「あわわ」
あれよあれよという間に竿が90°曲がって海面に突き刺さっていました。

慌てて竿を掴むと、あろうことか竿を立てる前にキーパーから外してしまいました。
当然竿は寝たままで一気にのされます。
「なんじゃこりゃー」と大物時のお決まりのセリフを叫ぶつれないくんに、
マイク越しの船長の怒号が。
「それ、本物だぞ、竿立てろ、コラー」
「巻け、巻け!」
「ポンピングしろよ!」
「糸緩めんなよ!竿先見てろ、緩めたら外れんぞ!」
特に「ポンピング」と「糸緩めんな」が、混乱したつれないくんには相反するものにしか聞こえず
そもそもこんなに巻けないんだから緩んでるはずが無い、と内心「どーすりゃいいんだよ」状態。

でも、暫く耐えると噂通りウキブクロが膨張したのか無抵抗状態になり、
「そーら、浮いてきたぞー」
見ると水面下に白い腹が見えてきます。

最後のギャフ打ちで一回アクシデントがあり、一瞬頭が真っ白になりかけましたが
ウキブクロが口からでてるのと、針がおあつらえ向きのカンヌキにガッチリ刺さっていて外れず
2回目で無事船内へ。ちょっとした歓声が沸き起こりました。

今考えると船長の指示の意味が色々わかってきます。

最初、フルドラグで泳がせろと言われました。
正直不安でしたが、最初の突っ込みでドラグが出てたら、
あの引きではあっさり根に入られていたことでしょう。
また、イシナギやGTのようにいつまでも走りはしません。
だから、最初さえ踏ん張ればいいのです。

また、タナ取りは底から4m上。
これが底にいるモロコが上ずってまで食ってくる限界ラインであり、
食った後底に戻ろうとしたときに竿先がちゃんと引き込まれる距離を作り、
且つそのままでは根には届かないのでしょう。

竿立てろ、は当然として、巻け巻け、はとにかく踏ん張って根から離せ、ということ。
ポンピングと糸の張りも、大きいストロークでやると
竿を立てるときと寝かせながら巻くときのテンションの開きが大きくなってしまうので
竿を完全には寝かさず、常に立った状態で小刻みにすればよかったのかな。



船長にはさんざん怒鳴られましたが、おかげさまで獲れました。

仕掛け
竿:ガオーバイパーⅡ
リール:TEAM 16
道糸:PE12号
先糸:100号×2m
オモリ:200号
ハリス:60号×1.5m
ハリ:スーパークエ40号
エサ:サバ泳がせ

エサのサバ釣り仕掛けは
竿:青物竿
リール:電動
オモリ:100号
仕掛け:フラッシャーサビキ(なら多分何でも可)

つれないくんが釣った魚一覧(2012/8/5現在251/3,863種+11)

日帰り圏内で狙って釣れそうな気がする(釣れるとは限らない)釣り物が少なくなってきました。
次回は夏休みで北海道遠征かな。

秋は暫くホウキハタを追っかけてみようと思います。
その後は
晩秋の駿河湾:シロアマダイ
冬の深場:メヌケ、ベニアコウ、アブラボウズ、バラムツ
春の銭洲:ヒレナガカンパチ
新緑の西伊豆:ヒラスズキ
初夏の金洲・御蔵島:オナガ、アオダイ

で、来年の夏休みは沖縄、四国、八丈島あたりに行きたいなあと皮算用。

カテゴリ

月別 アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.2.7

2017年2月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

このアーカイブについて

このページには、2012年8月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2012年7月です。

次のアーカイブは2012年9月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。