2016年5月アーカイブ

カサゴ、キントキ、エソ。

ホウキハタが船中数匹出てたので、
狙いは間違ってなかったと思います。

根魚はミヨシ席とらなきゃ、ですね、やっぱ。


uoisomaru-2016-05-22T113A313A37-4.jpg
つれないくんが行く日に限って釣れないんですよね。

仕掛け
竿:カツオ竿(オモリ負荷60-120号)
リール:MAGMAX500
ライン:PE5号400m
サビキ仕掛け:フツーのアジサビキ、ハリス2号・幹糸4号、コマセ袋要
仕掛け:胴突き2本針、先糸8号×50cm・幹糸8号×1.2m・捨糸6号25cm、ハリス6号50cm、針チヌ6号
オモリ:60号

エサ
アミコマセ(支給)、イワシ(現地調達)、切り身(持参、イワシがダメだった時の保険だが今回出番なし)

ちなみに釣ったイワシを弱らせない様にするために、針外しと網は必須。

初めての海上釣り堀でしたが、これは酷い。

下手すると船乗るより高い金を親子二人分払ってイサキ1匹。

DSC_0959.JPG
NEW! ヒオドシ

DSC_0962.JPG
ヒオドシ

DSC_0967.JPG
NEW! オカムラギンメ

DSC_0972.JPG
ヒオドシ(皮弁なし)

DSC_0977.JPG
ユメカサゴ

DSC_0979.JPG
ユメカサゴは目がクリクリしててかわいいし、深みから釣り上げてもピンピンしてるので、
この後も沢山釣れましたが、一番デカイの以外リリースしました。

他にオニカサゴ(本日の表向きの本命)、デカンコ、ムツ

密かにヒオドシ狙いで金洲のオニカサゴへ。
実際はオニカサゴと言う名の金洲五目でした。(良い意味で)
朝一の一投目でいきなりミッションコンプリートし、
その後も沖上がりまで6種20匹ほぼ入れ食いを堪能。
とても楽しい一日でした。

ちなみにオカムラギンメはフツーのギンメダイと違ってよく引き、妙な期待をしてしまいます。
デカンコ↓は初めて電動ポンピングをするほどでした。


may6d.jpg

mayc.jpg
また一人親切丁寧ないい船長見つけてしまいました。

仕掛け
竿:先調子竿(オモリ負荷50-150号)
リール:MAGMAX500
ライン:PE5号400m
オモリ:150号
仕掛け:片テン2-3本針、ハリス(6-)8号
    オナガが回っているときはテンビンの上に胴突きを付けるか、
    そもそも全体的に胴突きにして、底から5m切るくらいのところを探るらしい。
    水中ライトやタコベイトは船長は不要と。
    でも、鬼カサゴに限って言えばハデ仕掛けのほうが食いが良かったかも。
    その他は無いほうが食ったかも。
エサ:サバタン(持参)、カツオハラモ(持参するもサバで間に合っていたので封切らず次回へ)

つれないくんが釣った魚一覧(2016/5/6現在363/4,210種)

DSC_0955.jpg

親子シロギス。

オモリ15号
胴突き、テンビンどちらでも。

実際には胴突きの1本針で船直下がなんだかんだで結局一番釣れた気がします。
エサもヘンに刻んだりしないで一匹丸のまま、もしくはせいぜい半分くらいで。
新鮮なのが一番。

カテゴリ

月別 アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.2.7

2017年6月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

このアーカイブについて

このページには、2016年5月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2016年4月です。

次のアーカイブは2016年6月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。