2016年8月アーカイブ

DSC_0072.JPG

NEW! ギマ

DSC_0075.JPG

腹鰭がトゲ状になってて、両側にハの字に広がっているので
スタンドみたいに縦に置けちゃいます。

その他ショウサイフグ、サバフグ、エイ

最近ギマの猛攻に辟易しているらしい
東京湾のフグ釣りに5年ぶりに行きました。
前回はアカメフグ(ヒガンフグ)が初めて東京湾で沸いた時です。

当然皆さんはエサ取りとして忌み嫌っているので、
そんなもん狙って来たことはおくびにも出さないようにしていました。

一投目でいきなり釣れて本日のミッションコンプリート。

しょうがないからテキトーにフグでも釣ってフグ刺しにしてやろうと
タカをくくっていたら、

なんということでしょう。意外とフグ釣れません。
釣る人は釣るので明らかにつれないくんがヘタなんだと思いますが、
結局開眼できぬまスソで終了。

カットウフグ、侮っていました。
掛けるには技が要るし、引きも思いのほか強いし、
また行きたくなってしまいました。

たまたま釣れた数少ないフグは、フグ刺しになるべく只今冷蔵庫で寝ています。
うしし。
箸で横からザクッと一列全部掬って食べるシーンを妄想しています。


PD1-1472370602-8-259-3372.jpg
みなさんとても親切な船宿です。

仕掛け
 竿:アナリスター ライトゲーム 82 M190(オモリ負荷:20-80号)
 リール:小型両軸
 道糸:PE3号(太すぎ)
 食わせ仕掛け:胴突き2本針、ハリス4号、幹糸4号、ハリ丸海津15号くらい
 カットウ仕掛け:船宿製、オモリ10号金メッキ丸型、チラシ針3本、カットウ針Mサイズくらい
 エサ:アルゼンチン赤エビ(?、支給+追加購入)

 今はギマが多いので、エサを節約するには
 食わせ仕掛けは外して、カットウを直結するほうがいいそうです。
 エサ針はデカい一本針に頭を取ったエビを一匹丸ごと付けるのがオーソドックスですが、
 こちらの船宿仕掛けはチラシ3本針で、エビの剥き身を3等分くらいにしてそれぞれの針に付けるのが
 主流のようでした。

つれないくんが釣った魚一覧(2016/8/28現在370/4,210種)

DSC_0053.JPG

NEW! エボダイ(イボダイ)

DSC_0060.JPG

エボダイ(イボダイ)

他にアジ、イサキ、ネンブツダイ

昨年激早潮&サバの金太郎飴で惨敗した
沼津の夜アジ釣りにリベンジに行きました。

つれないくんの狙いは当然50cm級の大アジ...
ではなく、日帰り圏でほぼ唯一のコンスタントな釣果を出しているエボダイです。

子供のころ食べた干物がたいそう美味しかった記憶がありますが、
最近ほとんど見かけませんでした。

正式にはイボダイと言いますが、
響きが悪いため流通の世界ではエボダイと呼ばれるのだそうです。
(あんま良化してない気が...)

で、サバもまるで食わない低活性下でなんとか引きずり出したのが、写真の一匹です。

任務完了とばかりに、こんな外道の写真を撮りまくるつれないくんを、
船長も同乗者も不思議そうに見守っていましたが、いいんです。

つれないくんとしては大金星なんです。

※2016.8.20 追記

DSC_0064.JPG

NEW! メアジ

マアジに混じって、こんなアジも数匹居ました。
釣った時の印象は妙に白っぽいアジだな、って感じです。
小離鰭が無いのですが、側線のカーブも緩やかなので「アヤシイ」と思ったつれないくんの
野生のカンが的中。
鰓蓋の窪みが決め手ですかね。

仕掛け
 竿:カツオ竿(オモリ負荷60-120号)
 リール:500番台
 ライン:PE5号400m
 ビシ:FL80号、クッション1.5mm*30cm
 仕掛け:吹き流し2本針、ハリス5号2m、枝30cm、針チヌ6号、夜光玉
 コマセ:アミエビ、付け餌:オキアミ(いずれも支給)

つれないくんが釣った魚一覧(2016/8/11現在369/4,210種)

カテゴリ

月別 アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.2.7

2017年2月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

このアーカイブについて

このページには、2016年8月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2016年7月です。

次のアーカイブは2016年9月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。