2016.12.12 新居・宝成丸

| コメント(0)

DSC_0163.JPG

アマダイ(きれいな魚体だったので写真撮ってみました。)

シロアマダイ釣りました。
後ろの人が。。
あとちょっとズレてれば。。。

白アマダイも狙います、という募集要項に惹かれて遠州灘へ。

船長曰く、
赤は甲殻類をよく捕食するので赤っぽい。
白は肉食でこの辺だとメゴチとかを喰っている。
だから白いんだし、そもそもポイントが違う。
赤は着底後ヌポッってオモリが抜けるような泥底。
白は若干硬い底。
水深も60m前後と赤より浅めだがそもそもポイントが違う、とのこと。

底をこずいて2~3m上げて置き竿というスタイルでした。
更に船長にガン玉打ってもらってから釣れ出すようになりました。
数だけなら竿頭。
海域や船宿によってこうもベストプラクティスが違うもんなんですね。

前回ウザったかったレンコは全くいないし、
混じり物もコチ、ウミヘビ、(おそらく)コモンハタなど。

仕掛け
 竿:アナリスターアカムツ(120号オモリで小突くにはこのくらいのほうが使いやすい)
 リール:MAGMAX500
 ライン:PE5号400m
 片テン:腕長50cmくらい
 オモリ:120号(白のポイント)150号(赤のポイント)
 仕掛け:吹き流し2本針、ハリス4号、チヌ針6号、丸海津15号など、全長2.2m
 白アマダイ仕掛け吹き流し3本針、全長3m、幹糸6号1m、枝糸5号40cm、遠征五目針・チヌ針
 赤アマダイ仕掛け吹き流し3本針、全長3m、幹糸5号1m、枝糸4号40cm、丸海津針・チヌ針
 装飾:チモトの夜光玉は効果あり
 ガン玉:あり
 エサ:オキアミ(支給)、
    白はホタルイカ丸ごと、かオキアミとの抱き合わせ、サバやサンマなどの身エサも食性的に良い
    赤はホタルイカのゲソのみ、かオキアミ

ちなみにアマダイはしょっちゅう針を飲むので針外しは必須。

コメントする

カテゴリ

月別 アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.2.7

2017年2月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

このブログ記事について

このページは、つれないくんが2016年12月12日 13:17に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「2016.11.27 大井川・海政丸」です。

次のブログ記事は「2016.12.25 新居・宝成丸」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。