2017年7月アーカイブ

前回のアカムツの味が忘れられなくてまた行ってしまいましたが玉砕。

サメ、シロムツ、ユメカサゴ、オキギスなど。

棚は下から3m。棚ボケ防止のために置き竿を推奨。
向こう合わせを待つため柔らかい竿推奨。
常連さんと思しき方はCX-4に日本海オキメバル用(?)みたいな竿でした。

道具
 竿:アカムツ竿(オモリ負荷100-250号)
 リール:中型電動
 ライン:PE5号*400m(この時期は水深300mくらいまでやる)
 仕掛け:胴突き2本針、幹糸12号2.1m、ハリス8号上95cm、下105cm、下田ムツ針18号、捨糸無
     マシュマロボール上オレンジ、下真っ赤の指定でしたが、
     オレンジは100%サメが食ってくるので外しました。
     あとは小型のリングを付けたくらい。
 エサ:サバタン付き、ホタルイカ持参
 オモリ:200号

ちょっとこれまでのアカムツ釣りの傾向と対策でも。

波崎:2戦全勝
南房:1勝1敗
東京湾:1勝1敗

と比較的北方系はよい成績ですが

東伊豆:5戦全敗
駿河湾:2戦全敗
遠州灘:2戦全敗

と静岡系は壊滅的です。
特に片テン吹き流し系や深場の大型狙い太ハリス系は釣れる気がしません。

以下のエリア・釣法は未開拓なので機会があれば。
南伊豆は寒猫根と似た仕掛けの様ですし、いけるかも。

南伊豆:未釣行
御前崎(スロジ):未釣行

スロジはジジイにはきついな。。

DSC_0227.JPG

およそ2年半ぶりくらいのアカムツ。
その間アカムツボウズの釣行は7回。。

DSC_0230.JPG

追釣アカムツ。

他にオキメバル、ユメカサゴ、サバ、サバ、サバ。

着底したら弛ませて、聞き上げて、落とし直して、弛ませて、誘い上げる、
の繰り返し。

アカムツは弛ませたときに来ました。
オキメバルは誘い上げてるときに来ました。

炙り寿司が楽しみです。

道具
 竿:アカムツ竿(オモリ負荷100-250号)
 リール:小型電動
 ライン:PE2号*300m(波崎寒猫根はPE4号以下厳守)
 仕掛け:胴突き2本針、幹糸8号1m、ハリス6号50cm、ムツ針17号、捨糸1m
     夜光玉、マシュマロボール赤を付けました。
     赤のフロートパイプを付けたらサバの嵐になったのでこれは外しました。
     ちなみに若船長の仕掛けは中オモリ有り、
     ケイムラパイプと夜光マシュマロを付けた1本針でした。
 エサ:ホタルイカ1パック付、サバタン持参
    アカムツはいずれもホタルイカとサバタンの抱き合わせに食ってきました。
 オモリ:120号(波崎寒猫根統一)

カテゴリ

月別 アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.2.7

2017年9月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

このアーカイブについて

このページには、2017年7月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2017年6月です。

次のアーカイブは2017年9月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。