結婚5年目にして授かった愛息子ちびお。
日々の小さな成長を忘れないよう、ひとこと日記として残しておこうと思います。
(1歳11ヵ月〜2歳11ヶ月)

2006年4月15日(土) 2歳11ヶ月
 大型分譲地を見に行った。有名不動産会社が売主なこともあり、インフォメーションセンターも建っていて、そこにキッズコーナーも完備。ちびおには行きの車の中で「一緒におうち見てもいいし、おもちゃのところで遊んで待っててもいいよ」と言ってあったけど、インフォメーションセンターに入るタイミングを逃したまま、流れで建築現場に行くことになってしまった。するとちびおが自分から、「おもちゃは?ちびたん、おもちゃ(のところ)で待ってる」と言い出した。そして知らないおばちゃん(係の女性)に手を引かれ、親を一度も振り向くことなく、とっととキッズコーナーへ。ほんの何ヶ月か前までは、絶対に親から離れなかったのに、すごい成長ぶり。キッズコーナーでも、狭いところで子供たちが押し合いへし合いだったのに、結構楽しく遊んでいたらしい。頼もしくなってきてうれしいけど、ちょっと寂しくもある、複雑な親心なのでした。

キッズコーナー
2006年4月14日(金) 2歳11ヶ月
 いつもと違う公園に行ってみた。かなり広いところで、すべり台やぶらんこのある遊具エリアと、雑木林に遊歩道が敷かれたエリアとに分かれている。とても環境のいい公園なのに、曇り空のせいか誰もいない。ちびおは大喜びであちこち駆け回ろうとするけど、ひろーい公園で小さい子が1人でいても人目につきにくいし、周りの道にも人通りが少ないのでちょっと心配。子供の誘拐や通り魔など、怖い事件が多い昨今。たまに雑木林に散歩に訪れるおじさんとかがいると、申し訳ないと思いつつも警戒してしまう・・・。なんだか嫌な世の中になっちゃったなぁ。

遊具エリア 雑木林エリア
2006年4月13日(木) 2歳11ヶ月
 ちびおはハタキを「あおおそうじ」、掃除機を「みどりおそうじ」と言っている。理由は簡単。ハタキが青くて、掃除機が緑だから。なんでも私の真似をしたがるので、当然お掃除もしたい。でもハタキは出来ても、掃除機は重くて無理。そこで彼が考えたのが右の写真。自分で見つけてきた緑色のリボンをリビングボードのカフェカーテン用ポールに引っかけ、「ちびたんもみどりおそうじ〜」。リボンの手に持っている側はもちろんホース。そしてさらに芸が細かいのが、反対側を近くの引き出しに突っ込み、どうやらこっちはコンセントらしい。子供の想像力ってほんっとにおもしろい。あんまり掃除機を使いたがるので、子供用の掃除機を買おうかとも思っていたけど、リボン1つでこれだけ喜んでるし、必要ないな、こりゃ。
正当な掃除機 みどりおそうじ
2006年4月10日(月) 2歳11ヶ月
いよいよトイレトレーニング開始。外出中や寝る時以外はトレパンをはかせることに。だいぶ前から、「そろそろお父さんみたいな布パンツはいてみない?」とか、「布パンツ、かっこいいよ〜」とか吹き込んでいたので、初めてのトレパンはすんなりはいてくれた。すでに3歳間近のちびお。寒いうちはちょっと・・・と季節の関係でここまで来てしまったけど、とっくにオムツを卒業してもいい歳。すぐに「チッコでた」と教えてくれて、「いや〜ん、あんなにトレパン買ったのに、全然必要なかったじゃ〜ん」ってことになるかと、実は心密かに思ってたけど、とんでもハップンだった…。今日の洗濯物、パンツ4枚、ズボン2枚。トイレでのおしっこ回数ゼロ。うんち回数ゼロ…。
2006年4月8日(土) 2歳11ヶ月
暖かくなってきたので、満を持してちびおのトイレトレーニング開始を決意。まず今日はトレパン10枚を購入。計3000円ナリ。とほほ。
2006年3月30日(木) 2歳10ヶ月
 今日は仙台転勤仲間、イシダさんが、3人のお嬢さんと共に遊びに来てくれた。イシダさんちの3姉妹は上から小4、小2、年少さん。女3人集まると姦しいとはよく言ったもので、いつもキャピキャピ大騒ぎなので、仙台時代のちびおは圧倒されまくり。私にがっちりしがみつき、ちょっかい出されると泣いたり騒いだりなので、私は何も出来ず。お茶の用意も、みんなが来る前にすべて揃えてお待ちしてないとダメなほどだった。
 ところが今日、約1年ぶりに再会したちびおは、1年前とは大違い!「いっしょにあしょぼう」とおねえちゃんたちを積極的に誘い、みんなで折り紙したり積木をしたり、庭で遊んだり。おねえちゃんたちがやさしくて、反抗期盛りのちびおのわがままを色々聞いてくれ、ちびおは完全に王子様状態で、いっちょまえに「ダメ!それちびたんの!」と文句まで言ってる・・・。
 おかげで私はイシダさんとじっくり大人同士の話が出来、大助かり。部屋を閉め切って子供たちだけで遊んだりしていたので、彼らが何をしていたのかもわからないほど(音は聞こえてくるので、あー、積木で遊んでるな〜とわかる程度)。
 先日の分譲地でも感じたことだけど、ほんと、この頃のちびおの社会性の発達にはびっくり。あまりにおとなしすぎて、おもちゃを取られても文句も言えず、泣くことも出来ず、だまってすごすご私のところに引き下がってきていたあのちびおはどこに・・・。私とつれないくんの子なんだから社交的じゃないのはしょうがない、泣き寝入りしちゃうのはしょうがない、と思いつつも、ちょっと心配だったあの頃。でも黙って見守っていれば、子供ってちゃんと成長するんだなぁ。今日も新発見だ。
 そして「兄弟がいると最初は大変だけど後はラク」を実感したのも今日の収穫。今日来てくれた姉妹は上から2歳違いと4歳違いで、一番上と一番下は6歳違うけど、間に1人入っているので、同じ遊びが出来るらしい。年の近い兄弟がいると、子供たちだけで遊んでくれるので、親が相手をしなくても大丈夫なんだな〜。子供と遊ぶのが苦手な私にはすごくうらやましい話。ただ、我が家は今すぐ妊娠してギリギリちびおと4歳違い。4歳ぐらいならなんとかなるかもしれないけど、やっぱりそれ以上離れちゃうと、下の子がそこそこ大きくなる頃には、ちびおにはもう自分の世界があるだろうし、たぶん一緒に遊んだりするのは難しいんだろうな。
2006年3月24日(金) 2歳10ヶ月
 前々からソフト反抗期だったけど、最近それがストロング反抗期になってきた。悪いことをして叱られた時、「もうしちゃだめだよ。わかった?」と言われて「わーかーりーまーせーんっ」。「さっき○○してたでしょ。もうしないでね!」と言われれば、「しーてーまーせーんっ」。反抗期だからしょうがないと頭では思いつつも、腹が立つ!しかも、なんで敬語?
2006年3月23日(木) 2歳10ヶ月
 おととい、分譲地を見に行ったときのこと。まずアンケートに記入し、モデルハウスを見学しようというところで、営業のおじさんに「ぼくどうする?おじさんと一緒にお外で待ってようか?飛行機とか作って待ってる?」と聞かれたちびお。今までも何度かこういうことはあって、でもその都度、「いい!おとうしゃーん、おかあしゃーん」と逃げていたちびおだったけど、この時は違った!「うん。ちびたん、おじちゃんとひこうきであしょんでる(遊んでる)」
 ま、まじぃ〜!?大丈夫かな。でもまぁ、今そんなにお客さんで混んでないし、もし泣きぐずるようなら連れてきてもらえるだろう・・・と思って、不安になりながらもつれないくんと私だけでモデルハウスへ。いやぁ、ちびおがいないと営業マンの説明がよくわかるし、質問もスムーズに出来る!今までちびおをモデルハウスに連れて行っても、特に騒いだりせずにおとなしかったので邪魔に思ったことはなかったけど、こうやって大人だけで見てみると、やっぱり今までちびおって邪魔だったんだなぁ。
 しばらくして戻ってみると、ちびおはおじさんとそうとう遊んでもらったようでご満悦。首からシャボン玉も提げてるし、手には紙風船やら飛行機のおもちゃやらの入ったハウスメーカーの封筒をがっちり。
 今まで極度の人見知りで、たった1年前までは実家に預けるのも無理なほどだったのに、成長したなぁ(しみじみ)。結局今回の分譲地は条件が合わずに候補から外れたけど、ちびおの成長を見つけることが出来ただけ、来た甲斐があったよ。
2006年3月18日(土) 2歳10ヶ月
 「これなに?」攻撃がやっと落ち着いてきたと思ったら、最近「なんでなの?」が口癖のちびお。それがまた「これなに?」時代と同じく、めんどくさい上にどう答えりゃいいの!?ということが多い。以下、例えば絵本を見ながらの会話。
 ちびお:「これ、あおだね」
  私 :「そうだね」
 ちびお:「なんでなの?」
  私 :「(知らねーよ!)青が好きなんじゃない?」
 ちびお:「しょーかぁ、あおがしゅき(好き)なのかぁ。なんであおがしゅきなの?」
  私 :「(はぁ?)青がきれいな色だからじゃない?」
 ちびお:「しょーかぁ、あおがきれいないろだからしゅきなのかぁ?
      なんできれいないろだとしゅきなの?」
  私 :「・・・・・・」
 これがえんえん続く・・・。今のところの対処法は、「なんでなの?」と聞かれたら、「何でだと思う?」と聞き返すことだけど、そうすると機嫌のいいときは「え〜、わかんないよぉ」とニヤニヤするだけですむが、機嫌が悪いと「『なんでだとおもう』じゃないでしょ!おかあしゃんかんがえて!」と怒り出す。はぁ〜、めんどくさい・・・。
2006年3月12日(日) 2歳10ヶ月
 折り紙にハマっているちびおは、最近創作折り紙も始めた。最初はぐちゃぐちゃに丸めて「まめ!」とか、細ーく巻いて「いっぷ!(タバコ。『一服』の意)」とかだったけど、先日作った作品は圧巻(←親バカ)。細く折った車体に丸く折ったタイヤを4つ糊でくっつけて「ぶーぶ」。色のセンスはスゴイけど、ちゃんと形になってるじゃーん。しかも「ちびたんのと、おかあしゃんのと、これはぁ、おとうしゃん」と、ちゃんと3台作ってくれるなんて。いい子だわぁ(←大親バカ)。

ぶーぶ3点セット
2006年3月10日(金) 2歳10ヶ月
 最近、「寝るよ〜」というときに、やたらとおもちゃを寝室に持っていきたがるちびお。母子で折り紙にハマっていることもあり、折り紙を持ち込むことが多いのだけど、その枚数が日ごとに増えている・・・。しかも寝ながらちゃんと折り紙折ってるし!他にも色々持ち込みたがり、今ではちびおの布団(普通の大人用の布団)は、下の写真の状態。本人はまともに布団で寝ず、あいかわらず私の布団に下半身を突っ込んで、「(布団に対する)直角寝」なんだけど。
 起きているときでもやたらと指をなめるようになったちびお。引越し前後に激しかった指しゃぶりがやっとおさまったと思っていたのに・・・。身の回りにいろいろ物を置きたがったり、指しゃぶりしたりするのは何か不安の表れだって聞いたことがあるけど、ちびおは何か不安に思ってるのかな。最近は特に引っ越して環境が変わったとか、そういう外部的な要因はないはずなんだけど。こういう時って、母親として私が何か間違ってるのかなと不安になる。私の接し方に、最近何か問題があるのかな〜。確かに家探しでストレスたまってるところはあるし、プチ反抗期のちびおにイライラしている部分もあるけど・・・。そういうのを敏感に感じ取っているのかな。もっとスキンシップを密にしなければ!
ねんねのお供
2006年3月6日(月) 2歳10ヶ月
 過去の出来事を具体的に話せるようになってきた。昨日のことについて。

 「こうそく(高速)でおじいちゃん、おばあちゃんのうちにいったらね、だれもいなかったからね、はたけにいったの。ぶーぶで。そしたらね、おじいちゃんいたの。しろーくてまるーいの(カブ)ちびたんがとったの。」「おやさい(野菜)まだある?ないときはー、とってくるんだよ。あるときはー、じゃあいっか! ねっ」

 昨日はつれないくんとちびおと二人で、つれないくんの実家に行った。実家へはいつも車で高速に乗って行く(ちなみにちびおは高速が好きらしい)。義父は趣味で家庭菜園をやっていて、自宅の近くに畑を借りている。昨日は義母は出かけていて、義父しかいないという話だったのだけど、その義父もたまたまつれないくんたちが着いた時には畑にいたらしい。そこでちびおはカブの収穫を手伝わせてもらい、ほうれん草とともにお土産に持ち帰ってきた。
 つれないくんの実家に行くといつも沢山のお野菜をいただくのだけど、まだ家にいっぱいあるときはもったいないのでお断りすることがある。昨日は畑にいる間につれないくんから私に電話が掛かってきて、「ネギはまだある?」「あ〜、まだ冷蔵庫入りきれなくて外に出すほどある」という話をしたので、ちびおは「あるときはー、じゃあいっか」になったのだろう。
2006年2月28日(火) 2歳9ヶ月
 ちょっと前から歌を歌うようになった。最初は寝るときに歌うだけだったが(ちびおはまず寝るときに言葉の復習(?)をして自分のものにしてから人前で話し出す癖がある)、最近になって昼間も歌えるように。引っ越して以来しばらくご無沙汰だった童謡のCDを聴くようになってから、レパートリーも増え、今歌えるのは「森のくまさん」「むすんでひらいて」など。
2006年2月27日(月) 2歳9ヶ月
 「ぽっぴん」「ぱっぴん」が最近の口癖。なんていうのかわからなかったり、なにか話しかけたりしたいときによく出る。
 例1
  ちびお:「にゅうにゅう(牛乳)かう?」
   私 :「安かったら買うよ」
  ちびお:「じゃあ、ぽっぴんは?かう?」
 例2
  ちびお:「これ、なんだかわかるぅ?」
   私 :「え〜、わかんない」
  ちびお:「ぱっぴんじゃない?」

 意味がわからん。 
2006年2月5日(日) 2歳9ヶ月
 だいぶ前のことだけど。
 ある日突然、親指と人差し指を折って「てまえばん」と言い出した。「は?てまえばんって何?」といくら聞き返しても、「てまえばん。わかるぅ?」と言うばかり。何日も何のことやら私もつれないくんもさっぱりだったけど、ようやく解けました。どうやらカーナビの「次、手前に曲がります」の音声とともに出てくる矢印のことらしい。
 あの矢印をあの指の形で表現するなんて、子供って芸術的だなぁ。

「てまえばん」 「手前に曲がります」
2006年1月31日(火) 2歳8ヶ月
 最近の変化
 @「ほぐし遊びだよ」とか「おっけー」とか、テレビの真似をして
  リピートするようになった。
 A好きな音楽が鳴ると、鼻歌を歌うようになった(ただしメロディーはメチャクチャ)。
 B待ち合わせ等で誰かに会った途端、「ばあば〜、靴」と足を上げてみたり、
  「マリちゃ〜ん、これ」とおもちゃの入った袋を見せてみたり、
  いきなり会った人にはわけのわからない行動をするようになった。
  これには、出かける前に「今日はばあばに会うから、ばあばが買ってくれた靴を履く!」
   と意気込んでいたり、「マリちゃんに見せるおもちゃを持っていく!」と張り切ってたりという伏線がある。


 ちびおもだんだん、「街で見かける、かわいいけどわけがわからない子供」になってきたな〜。
2006年1月26日(木) 2歳8ヶ月
 公園のお砂場で、バケツを型にして土のオブジェ(?)を作成。そして言った言葉が「これ、トイレのみたいね」。世の中にはいろんな円筒形のかたちの物質があるのに、その中からなぜ、自分の制作物を「トイレットペーパー」に例えるか、キミは!

「トイレットペーパー」
2006年1月25日(水) 2歳8ヶ月
 give&takeの言い方がおかしい。お手伝いするときは「ちびたん、おふとんしまってくれる」、おやつが欲しいときは「これ、ちびたんにあげる?」。周りが「お布団しまってくれてありがとう」とか「これ、ちびたんにあげるね」とか言っているのをそのまま覚えているのだろう。いつ頃普通の言い方になるのかな〜。
2006年1月24日(火) 2歳8ヶ月
 「ちびたん やる」のような中国人発音を卒業し、ぼちぼち、助詞、助動詞がつくようになったちびお。でもまだ「ちびたんやる」とか「ききするのよぉ〜」とか、まだちょっと使い方がおかしい。
 私を呼ぶとき、「きき」と「おかあしゃん」が半々になってきた。個性的な「きき」は捨てがたいけど、やっぱり外で呼ばれると恥ずかしいし、はぐれた時とかに「ききぃ〜」とか泣かれても、周りには理解してもらえなくて困ることもあるだろうから、ちゃんと「お母さん」と呼べるようになっておいたほうがいいよね。
2005年12月29日(木) 2歳7ヶ月
 最近急に語尾に「です」をつけるようになったちびお。「おやちゅ(おやつ)ほしいでしゅ〜」とおねだりすることもあれば、「あれ、コンビニでしゅよ」と報告することもあり。しかもこれ、ふざけて言っているのではないらしく、寝起きで機嫌が悪いときとかでも、泣きながら「もう!できないでしゅよぉーっ」と怒ったりする。いつもサザエさんを見ながら「タラちゃんみたいなしゃべり方する幼児なんていないだろ!」と突っ込んでいたけど、いたよ!しかも我が家に!
2005年12月27日(火) 2歳7ヶ月
 お風呂で伸びすぎたサイドの髪を切っていて、うっかり耳をチョキン!ごめんね、ごめんね、ちびお。「痛くない」とは言ってたけど、血行が良くなってたせいか、結構な出血(止まったけど)。3時間近く経った今でも、私は未だに心臓ドキドキです。ちょっと耳切ったくらいでこんなに自責の念に駆られるんだもの、私の不注意でちびおが階段から落ちたり車にぶつかったりしたら、もう申し訳なくて生きていけない・・・。あ〜、これからますます過保護に育ててしまいそう。「おおらかに、適当に」が育児コンセプトだったのに、典型的な一人っ子の育て方になっちゃう〜。
2005年12月22日(木) 2歳7ヶ月
 誰もが通る道らしいけど、最近、たまに下品になるちびお。シモの話題がおもしろいらしい。もともとおならをすると「ぷー、でちゃった」と喜んでいたけど、先日、お風呂に入るとき、「きき、おちんちんある?」。来た!この質問、と思いつつ、「ないよ。ききは女の子だからおちんちんはないんだよ」と言うと、「ふーん。ちびたん、ある」。
 そこまではよかったんだけど、次の質問は「きき、かみ(髪)ある?」。「は?髪?髪はあるよ」と言うと、「ここに」と、なんとおマタを指しながら言うちびお。た、確かにあるけど・・・。「ききは大人だからあるんだよ」と言うと、「ちびたん、ない。こどもだから」。わかってるじゃないか。
 そして最後にわけのわからない究極の質問。「きき、ちっことうんち、どっちすき?」「は!? う、う〜ん、ききは、ちっこのほうが好きかな」とうろたえつつも答える私に、ちびおは「ちびたんは、えーっと、えーっと(真剣に悩んでいる)、どっちもすき!」「そ、そう。よかったね」「うん!」
 なんじゃ?この会話。
2005年12月15日(木) 2歳7ヶ月
 急に私を「ちゃん」付けで呼ぶようになった。「ききちゃん」の時もあるけど、「おかあさんちゃん」はちょっと違うんじゃ?「さん」付けも気に入っているようで、「ききさん」「ちびさん」と呼び合うのが、今のお気に入り。
2005年12月2日(金) 2歳6ヶ月
 最近、おままごとが好き。おじいちゃんの家でこけしをにんじんに見立て、おもちゃのカメラを包丁に見立てて切り出したのが始まりで、今は網目状のものがあると何かを焼かずにはいられない(写真)。焼いているものはファミレスでもらったプラスチックのおもちゃなんだけど、「パン焼いたよ〜」とか「きゅうり(!)焼いたよ〜」とか言って持ってくる。ちゃんとフォークで裏返したりもしているみたい。どうやら行動の元は最近デビューした焼肉屋さんらしいのだけど(家では危ないからキッチン進入禁止だし、そもそも我が家では網で何かを焼くことは少ない)、だったらなぜ肉を焼かないのか!?焼いてるのがパンやらきゅうりやらっていうところが、我が家の貧しい食卓事情を反映していてちょっと切ないなぁ。

緑色のものは「きゅうり」 後は「パン」やら「にんじん」やら
2005年11月30日(水) 2歳6ヶ月
 突然、「ちびたん(は)おとうしゃん(お父さん)」と言い出したちびお。よく私が「ききは、『おかあさん』。ちびたんは『こども』」と言っていたので、『おとうさん』というのが、個人名ではなく、役割だということがわかってきたらしい。さらに『こども』より『おとうさん』の方がすごくてえらいんだということもわかっているらしく、「おとうさ〜ん、頭ふきふきして〜(ふいて)」と言うと、いつもは「ちびたん、できない。ききやって」と言うところを、おとなしくふいたりする。これは結構使えるワザで、「おとうさん」と呼ぶだけで、最近はいろいろなことを自分でやるようになった。ただ、調子に乗りすぎて、「ちびたん、おとうさん。きき、こども」とか言うときもあるけど。

   たまにだけど、私のことを「おかあしゃん」とも呼ぶようになった。最初は「まあやっと読んでくれるようになったんだから、『きき』でもいいか」と思っていたけど、やっぱり「おかあさん」と呼んでもらえるとちょっとうれしい。やっぱり人前で「きき」は正直恥ずかしかったし。でも私自身が自分のことを「ききがやるから」とか言うことに慣れてきてしまっている今日この頃。私も早く一人称を「お母さん」に直さなくては。
2005年11月25日(金) 2歳6ヶ月
 最近、ちびおの方向感覚というか、空間認識能力というか、そんなものがすごい!
 前に一度通ったことがある道を、「ここ、さっき(過去はすべて「さっき」と言う。ちなみに未来はすべて「あした」)来たねぇ」と言い出したときは、「おお、だいぶ過去のことを覚えていられるようになったなぁ」と思っていたけど、だんだんそれが進化してきた。
 まず、以前車で通ったことのある道を、歩いて通ったとき、「ここ、さっき、ぶーぶ、来たねぇ」と言うようになった。
 その後、昼間通った道を夜通っても、「さっき、来たねぇ」と言うようになり、この時点で、根っからの方向音痴の私を抜いてしまった。さらには、例えば交差点なんかで、前に通った道を別の方向から来たときに、前方の道(前に通ったことのある道)を指差しながら、手を左右に振り(つまり道路の伸びる方向に指差し)、「ここ、さっき、来たねぇ」と言うようになったのはびっくり!交差点にぶつかってみて、左右を見回して初めて、「あれ?ここ来たことない?」となるならまだわかるけど(私はそれもたぶん無理だけど)、はるか前方に道が見えただけで「あそこの道、来たことある」と思い出せるっていうのは、なんという能力なんだろう?
 それに、今は引っ越したばかりで、周りの道路はすべてちびおにとってほとんど1度来たかどうかの道ばかりだというのに、先日、つれないくんがちびおを乗せて車で近くのお店に出かけたその帰り道、「とーしゃん、まちやった(間違った)」と、道の間違いを指摘したらしい(ちなみにつれないくんはその時点で自分の間違いに気づいておらず、「間違ってないよ。合ってるよ」とまで言ってしまったそうだ)。
 幼児の情報処理能力っていうのがすばらしいというのはよく聞くけど(だからこそみるみる言葉を覚えていくんだろうけど)、こういう能力もやっぱり大人より優れているのかなぁ。特にちびおは男の子だから、こういう能力が特に優れているのかも(男性と女性とでは脳の構造が違うので、一般的に、男性の方が道を覚えたりするのは得意らしい)。
 これから家の周りを色々開拓しなければならないわけだし、これからしばらくちびおをナビ代わりにしよう!
2005年11月19日(土) 2歳6ヶ月
 新居の片づけをする間、ちびおの相手をしてもらうため、お義父さん、お義母さんに来て頂いた。
 おじいちゃん、おばあちゃんと遊んでもらっているちびおを横目に、トイレの整理中に出てきたタ○ポンの空箱をつぶしていたら、それをいち早く見つけたちびお、「きき、(それ)もう一個ある?」。いつもトイレについてくるちびお。生理中はタ○ポンやらナプ○ンやらを「はい」「はい」といって手渡してくれるほど気の利いた(?)ヤツなので、私がタ○ポンをあまり触られたくなくて、いつも「これは大事、大事だから、触っちゃダメなんだよ」と言っていたのを覚えていたらしい。「大事なものなのに、なくなっちゃって大丈夫なの?もう一個あるの?」と心配して言ってくれたみたい。それはうれしい、それはうれしいんだけど・・・。
 事情のわからないおじいちゃん、おばあちゃんは、(もちろん箱自体がナンなのかもわかっていないはずなので)「何?あの箱が欲しいの?」と突っ込んできた。「うわぁ、違うんですぅ。もうそこはさらっと流してくれぇ」という私の心の叫びとは裏腹に、初孫がかわいいじじ&ばばは、「箱、欲しいんじゃないの?」とさらに突っ込んでくる・・・。するとちびおが(恐ろしいことに)それに答え、「ちやう(違う)。あれ、ききの。こうやって・・・」と言いながら、自分の股間に手を当てて、タ○ポン挿入のしぐさを真似し始めた!!
 もちろん、忙しい振りをして私がすぐさまその場を去ったのは言うまでもない。お義父さんもお義母さんも、まさか真実に気づいてはいないと思うけど・・・。あ〜、変な汗かいたよ。
 この日はこの事件以外にも、おじいちゃんの薄くなった頭頂部を撫でながら「ここ、ないねぇ」と言ったり、とにかく失言しまくりのちびお!悪気がないのはわかってるし、ここまでしゃべれるようになったのはスバラシイことなんだけど、うぉ〜、これからはほんと、日々の言動に気をつけなくては!トイレトレーニングの一環として、親と一緒にトイレに入るのを許していたけど(おかげで、他の子みたいにトイレ自体を怖がるということは絶対ないんだけど)、そろそろ教育方針を転換したほうがいいのかなぁ・・・。
2005年11月9日(水) 2歳6ヶ月
 引越し準備でアタフタしている間に、いろいろなことが出来るようになった。

 @言葉がずいぶん発達し、「ちびたん きのう おれんじ でんしゃ のった」とか、長い文章も言えるようになった。
 Aジャンプが出来るようになった(両足とも地面から離せるようになった)。
 Bこけしを人参に、おもちゃのカメラを包丁にしておままごとが出来た(「見立て」が出来るようになった)。

 言葉が発達すると本当におもしろい。「しゃべるようになるとますますかわいくなる」とよく言うけど、ほんと、その通り。1、2度しか聞いたことないだろう言葉でも、自分の気に入ればすぐに取り入れるので、親からすると「そんなのどこで覚えたの?」ということも多い。
 最近のヒットは以下の通り

 @新幹線のことを「じぇいあーる(JR)」と言うようになった(何度教えても「しんかんせん」とは言わない)。
 A寝しなに独り言で「げんきだして」「うさぎ、どこ?」と言った(普段生活してて、あんまり「元気出して」って言わないですよね。語源がナゾでしたが、のちに、実家でばあばに読んでもらった絵本だと判明。)。
 B1人遊びをしながら「おかあしゃん ちやう(ちがう)。きき」と言った(「きき=おかあさん」ってわかってて、それでも「きき」と呼びたいらしい)。
 Cおもちゃの携帯で「もしもし」(私のマネ)「おう、おう」(つれないくんのマネ)「じゃーねぇ」(2人の真似)と電話。その後メールをパチパチ(私のマネ)。

 特にBについては、他のお友達のお母さんの事を「ママ」と言うのもあって(「○○ちゃんの」は抜いてしまう)、私が携帯を使っていたりすると「きき、でんわ? ちびたん ママにでんわ」と言って、おもちゃの携帯を取り出して電話を始めてしまうので、人前では「私、この子の何だと思われてるんだろう・・・」と周りの反応が気になってしまう今日この頃。親子3人でいるときなんか、つれないくんは「とーしゃん」だし、私は「きき」だし、「ママにでんわする」とか言うし、あたしゃつれないくんの後妻か!? 不倫相手か!? って感じ。
2005年10月23日(日) 2歳5ヶ月
 「かっこいい」がお気に入り。じいじの家でブロック遊びをするのが最近の流行だ が、「お風呂にブロック持って行く?」と聞けば「かっこいい!」。ブロックをバラ さずに組み立てたまま箱にしまえば「かっこいい!」。なんか「かっこいい」の使い方が間違ってる 気が・・・。でも「ちびおはかっこいい?」と聞くと、「うーうん(違う)」。自分 をわきまえてるのか?
2005年10月17日(月) 2歳5ヶ月
 5日前から実家にいる(私とちびおのみ)。今日は私に用事があったので、モノゴ コロついてから初めて母にちびおを1日預けた。だいぶじいじ&ばあばに慣れている とはいえ、ちょっと心配だったが、「なんだかあまりにおとなしくていい子すぎてか わいそうになっちゃった」と母に言わせたくらい、とてもおとなしく過ごしていたら しい。しばらく一人で出かけなければならない日が続くので、よかったと思う反面、 まったくぐずったりしなかったところがちょっと寂しい気も・・・・。私が帰ってきたらさすがに甘えてくるだろうと思いき や、車で駅まで迎えに来てくれたときはチャイルドシートでぐうぐう寝てるし、家に 着いて起きたって、「きき?」の一言のみ。ウンチの始末は私がいてもばあばご指名だし・・ ・。ま、それはべつにいいけどさ。

 実家にいる間は当然の事ながら私は自分の両親を「お父さん、お母さ ん」と呼ぶ。普段は「じいじ、ばあば」と私が呼んでいるはずの人々を「お父さん、 お母さん」と言うので、ちびおは混乱するらしく、じいじを見て「とーしゃん? (じゃないよね?)」と不思議そう。普段は私のことを「きき」としか呼ばないくせ に、一応「きき」の別名が「お母さん」だということは知っていたらしく、私が母に 向かって「お母さん」と呼んだりすると、私を指差して「?きき?」とまたまた不思 議そう。
 なるほど、世の中のお母さんたちが、自分の両親を「おじいちゃん、おばあちゃ ん」と呼ぶようになるのは、子供が小さいときに混乱したからなんだなぁ。私はつれ ないくんのことを「お父さん」とは呼ばないし(もちろんちびおに向かって言うとき は「お父さん呼んで来て」とか言うけど)、自分もつれないくんから「お母さん」と 呼ばれたら「私はあなたのお母さんじゃないでしょ」と言いたくなる人間なので、つ れないくんのご両親とかが自分の親のことを話すとき「おじいさんが」「おばあさん が」と言うのを不思議な気持ちで聞いてたけど、なるほど、こういうことだったの ね〜。
2005年10月11日(火) 2歳5ヶ月
 お父さんがいるときは、お世話のほとんどをお父さんにしてもらいたがる。お着替えも歯磨きちゅっちゅもプーちゃんトイレも。
 「うんち、でた。ぷーちゃんトイレ」と言うので、私がトイレに待機して「じゃ、おいで〜」と呼んでも、「きき、だめ。とーしゃ〜ん」とお父さんを呼びに行く。うんちの始末なんて出来ればやりたくないので、私は「ラッキー」だし、「とーしゃん」は「俺を何だと思ってるんだ」と少々ご立腹。
 でもそう言いつつもつれないくんはちょっとうれしいに違いない。「そんな態度だとききに嫌われちゃうよ」なんて私に気を使ってるくらい。でもご心配なく。平日はイヤというほどちびおのお世話をしている私。「はー、助かる」と思いはしても、「なによ、とーしゃんばっかり」とヤキモチ妬くことはありませんから〜。(←波田陽区風。古い?)
2005年10月5日(水) 2歳5ヶ月
 外でも母のことを「きき」と言うようになった。ちょっと恥ずかしい。
 お友達におもちゃを取られたりすると、「きき!きき!だめ!」と告げ口に来る。でも決して自分で相手に立ち向かうことはない。負け犬の遠吠え状態。

 公園のほとんどの遊具で遊べるようになった(自分で乗り降りも)。網目状に編んだロープも登ることが出来る。
 それにしても写真のような遊具(○×ゲームが出来るようになっている)で遊ぶとき、なぜわざわざすべて×で揃えるのか・・・。他の子がぐちゃぐちゃにすると怒るし。

2005年9月26日(月) 2歳4ヶ月
 お母さんのことは完全に「きき」に。でも外だと「きき」とは呼ばないし(指差すだけ)、たまに「かーしゃん」と言うことも。2歳ながらにTPOをわきまえているのか!?

 今朝、上手にチーズオムレツを手で食べているのを見てちょっと感慨深かった。2年前の今頃は、赤ちゃんビスケットも粉々に砕いてしまうほどわしづかみだったのに、ちゃんと食べるものによって力の加減ができるようになったんだなぁ。・・・っていうか、そろそろ手づかみ食べは卒業しないとダメなのか?
2005年9月22日(木) 2歳4ヶ月
 お父さんのことは「とうしゃん」と言うようになったのに、「お母さん」は全然言わないちびお。だけど、「これ、誰?」と聞くと、「きき」とか「たっき」とか言う。なあに適当言ってんの、と思っていたのだけれど、それが昨日は「いびたん(ちびたん)、ねる。きき、ねる。いっしょ」とか言ってたし、今日はお絵かきをしながら、「とうしゃん」「いびたん」「きき」と、それぞれまるを書いていた。う〜ん、お母さん=「きき」っていうのが、定着してきてるのか?でも、「きき」って何よ?どこから来たの?

 お絵かきのまるはちゃんと閉じるようになってきた。
2005年9月19日(月) 2歳4ヶ月
 最近、「とうしゃん」(お父さん)の釣り雑誌を並べることにハマっている。書斎の本棚から1冊ずつ持ってきて、和室に2列に並べる。何度片付けてもまたやる。1日3回はやる。今日はきっちり並べた後で自分用の絵本を持ってきて、雑誌の前に座り込んだ。客待ちしてる古本屋か?っていうか、駅の構内で、電車の網棚から集めた雑誌を売ってる、ヤバいオヤジみたい・・・。

2005年9月16日(金) 2歳4ヶ月
 昨日から突然、ブランコに乗れるようになった。今までは乗せてみてもぐらぐらしちゃってちゃんと座れなかったのに、背中を押してちょっとこいでも全然平気!子供の成長ってすごいなぁ。
2005年9月14日(水) 2歳4ヶ月
 すべり台の階段を、左右交互の足で登れるようになった。
2005年9月12日(月) 2歳4ヶ月
 妹が誕生日プレゼント(だいぶ時期ハズレなんだけど)に補助便座を送ってくれた。さっそくトイレトレーニング開始だ!

2005年9月5日(月) 2歳4ヶ月
 ちょっと前までお友達を怖がっていたちびお。公園で遊びたい遊具があっても誰かがそれを使っているとだまって見てるし、自分が滑ろうとした滑り台も、誰かが後から並ぼうとするとすぐ譲っちゃうし。
 ところが最近、そんなちびおに変化が。まず、前はお友達が寄ってくると怖くて泣いてしまっていたのが、「いーやー」と文句が言えるように(結局は拒否なんだけど・・・)。そして遊びたい遊具があればお友達が先に遊んでいても「いっしょ、いっしょ」と言って、混ぜてもらおうとするように。そしてさらに、自分が遊んでいるそばでお友達がボーっと立っていたりすると、これまた「いっしょ、いっしょ」と言って、お誘いも出来るようになった。
 うぉーっ、この成長ぶり!これまで公園に行っても私にべったりで、だーれもいない端っこばかりで遊んでいたあの日々が、遠い昔のよう。今はまだ、私が後ろからついていかないと「いっしょ、いっしょ(お前も付いて来い!)」とべそかくちびおだけれど、これなら近い将来、自分で勝手に遊べるようになるかも。そうしたら私もやっと、公園でママ友を作ることが出来る!(今は私が誰か他のママと話しだすと、やきもちを焼いて割り込んできている・・・)その日が来るのが楽しみだなぁ。
2005年9月4日(日) 2歳4ヶ月
 数字はほぼすべて読めるようになった。散歩の途中で見つけた駐車場に書かれてある番号も「ぜろ!」「なな!」と読むし、CMで「1と3と9のつく日は大将軍デー♪」(パチンコ屋さんのCM)というメロディーとともに数字が現れると、「いち!」「きゅー!」とタイミングよく指差しながら叫ぶ。だけど不思議なことになぜか「3」は言えないちびお。「これなあに?」と聞いても「よん!」とか「に!」とか適当言うし、「『さん』だよ」と教えても「ちやう、ちやう(違う)」と否定。お子様ランチについてきた数字のおもちゃも「3」だけなくしちゃうし、どうやら「3」がキライな様子。でも、なぜ?
2005年9月2日(金) 2歳3ヶ月
 まねっこ子ザルのちびお。最近はおしゃべりがぐんと増えて、口真似が多い。私とつれないくんがしゃべっていれば、それぞれのセリフのなかから知っている単語をすべて真似して叫ぶ(最近は声もデカイ)ので、変なエコーみたいになっている。
 最近のブームは、車を車庫入れするとき、チャイルドシートに座りながら「入んない!」と叫ぶこと。私もつれないくんも車庫入れが苦手で、「うわっ、入んねぇ」「う〜、なぜ入らん?」などを連発していたので覚えてしまったらしい。まあ、車内というプライベートな空間で言っている分にはいいんだけど、最近はそこから派生して、他人の車が車庫入れしているのを見つけただけで、そちらに向かって「入んない!」と叫ぶようになってしまった。とぉーくの車なら聞こえないからいいんだけど、すぐそばの車だったときなんか、運転手さんに聞こえるんじゃないかと、ドキドキものです。
2005年9月1日(木) 2歳3ヶ月
 「全然言葉が出ない」と悩んでいた頃がうそのように、やたらしゃべるようになったちびお。といっても2語文がせいぜいなのだけど、とにかく常にしゃべっている。ただ語彙は少ないので、同じことの繰り返し。今も隣で「いく。いく。いく。いく(おでかけしたい)。」を500回くらい連発中。勝手なものだけど、こうなってくると「やっとしゃべれるようになったのね、よかった♪」を通り過ぎて、「うるっちゃーい!」って感じ。
 最近、夕方薄暗くなってくると「おはん、おはん(ごはん)」を連発し、夕ご飯を食べ終わると「ふろ、ふろ」を連発。お風呂から出ると「ねんね、ねんね」を連発。「メシ、風呂、寝る」の典型的オヤジ言葉炸裂の毎日で、うるさいもうるさいけど、もう、アンタ何様なの!?
2005年8月19日(金) 2歳3ヶ月
 ビニールプールの後に着せたガウン(頂き物)がすごくかわいかったので、「お、かわいいじゃん。写真撮ろう、写真撮ろう」と言って2枚撮ったら(上段)、もっと撮れと言い出し、結局あと何枚も取る羽目に(下段)。しかも全部何故か前かがみの上目遣いだし、場所は和室限定だし。何でよ!?

 

   
2005年8月15日(月) 2歳3ヶ月
 最近、数字が読めるようになってきた。「に(2)」や「なな(7)」はほぼ完璧。
 車のマーク(トヨタや日産などのロゴマーク)にも敏感で、車を見るたびに「あっく(マーク)」「いっしょ(うちの車と同じマーク)」と指差して言っている。さっきはシャープペンの芯ケースを指差して「ぶーぶ」と言うので良く見たら、三菱のマークがかいてあった。なるほど、確かに三菱自動車と同じマーク。
 言葉も達者になってきて、「ぶーぶ、ない」など、2語文もしゃべれるように。語彙も増えて、色の認識もだいぶ出来るようになってきた。たいてい親やお友達の言うことを真似して覚えているようだけど、扇風機のことを「ひやひや」と言うのは語源がナゾ。結構いい名づけだとは思うけど、誰もそんな言い方してないんだけどなぁ。

 今日はパソコンのACアダプターの上に乗り、大好きな曲、大塚愛の「さくらんぼ」に合わせておしりふりふり踊っていた。そんな踊り、どこで覚えたー!
2005年7月11日(月) 2歳2ヶ月
 水洗トイレを流すのが大好き。というか、自分の天職だと思ってる。お昼寝中などに流す音が聞こえると泣きながらとんでくるので、お昼寝中は用を足しても流せない・・・。いつもはトイレで用を足した後、たとえそばにちびおがいなくても「流すよ〜」と声をかけて、走ってきたちびおが流すのだけど、先日、うっかり声をかけずにそのまま流してしまったら、大騒ぎしながら飛んできて、両手に顔をうずめて泣き崩れた。そんなにショックだったのね・・・。ごめんよ、これからは気をつけますぅ。
 それにしても、悲しいときに両手に顔をうずめるっていうのは本能だったのね。だって、そんな泣き方、ちびおは今まで見たことないはずだもん。
2005年7月10日(日) 2歳2ヶ月
 敷布団とマットレスの間に、おもちゃに渡したDVDやら自分の足やらを突っ込んで隠し、枕や他の布団をめくって「ない、ない」と探すふり。「あれぇ、ないねぇ」と言うと、ニヤニヤうれしそう。そしておもむろに足とDVDを出して「あった!」。目の前ですべて見てるからバレバレなんだけど、1人ノリツッコミができるようになったんだね。
2005年6月21日(火) 2歳1ヶ月
 トイレに行ったとき(親についていくだけ。まだまだオムツです)、トイレットペーパーでお尻を拭く真似をするのがマイブーム。拭き方からして、真似元はお父さん(ほっ)。それにしてもよく見てるよな。他に真似すべきこといっぱいあるだろうに、なぜお尻拭き・・・?ちゃんとペーパーを便器に捨て、水まで流す。そこまで出来るんなら、トイレでうんちしたら?
2005年6月19日(日) 2歳1ヶ月
 昨日、今日はなぜかお父さんが大好き。お着替えも歯磨きもお父さんにしてもらいたがるし、遊ぶのももちろん一緒。そういえば昨日のれいデーのときは、私が出かけるときもまったくぐずることなく、笑顔で見送ってくれたっけ・・・。
 布団に寝転がり、父の枕をたたいて「がーがー(ごーごー?)」。どうやら「ゴロゴロ」と言ってるつもりで、「お父さんもここにゴロゴロしなよ」いうことらしい。ほんとにくだらない単語ばっかり習得していくなぁ。
2005年6月16日(木) 2歳1ヶ月
 動物(ぬいぐるみや置物を含む)を見るとそれがなんであろうと「わんわん」と言う。「え〜、違うんじゃない?あれはくまちゃんだよ」と教えると、「だーっやーっ(いや〜)」と怒る。しょうがないので「わんわん」だと言い張るときは、「そうだねぇ、わんわんだねぇ」と言うようにしている。ただ、猫のときは「違うよ、あれはにゃあにゃあだよ」と言うと、「にゃあにゃあ」と素直に言い直す。ほとんどの動物を「わんわん」だと言い張るなんて、まだまだおバカちゃんだなと思うけど、逆に言うと、動物以外のものを決して「わんわん」とは言わないので、一応、動物とそれ以外の区別は付いているようだ。どこで違いを判断してるんだろ。人間の知覚って不思議。
2005年6月15日(水) 2歳1ヶ月
 物を手渡したりするときに「はい」と言うようになる。ベビーカーのシートベルトも自分ではめる。はめるとき、裏表逆になっていることが多く、「ちがうちがう、こうこう」と言いながら直してやっていたら、じぶんではめるとき「こうこう」と言いながらはめるようになった。
犬の鳴き声に敏感で、姿が見えなくてもどこかで犬の声が聞こえると「わんわん」と言う。
2005年6月6日(木) 2歳1ヶ月
 NHKの「えいごであそぼ」を見ながら「おーぺ(OPEN)」「くろーしゅ(CLOSE)」と真似をする。初めて聞く単語のはずなのに日本語より習得が早い!マジで英会話教室に通わせるか!?
2005年6月2日(木) 2歳0ヶ月
 「○○は?」と聞くと、「あえ?(あれ?)」と言いながら探し、見つかると「あっ」と指差す。ものすごくわかりやすい。
 耳式体温計でお熱を測るのが好き。「お熱まだあるかな」と何気なく言ったりすると、一目散に飛んでいき、体温計を持ってくる。しかも電源スイッチまで器用に入れてスタンバイOK。別に測るつもりなかったのに・・・。耳式って正確じゃないんだよね。
2005年5月30日(月) 2歳0ヶ月
 お昼寝から起きたら声が変。またまたクループにかかっちゃった。気管支が炎症で狭くなっているせいで、夜はすごい寝息(いびき?)で、とてもちびっ子一人が寝ているとは思えない音。オヤジが3人くらい雑魚寝してるみたい・・・。
2005年5月18日(水) 2歳0ヶ月
 保育所の庭で、近くにいたお友達が石をコップに入れているのを見て、あわてて自分のお出かけバックから集めていた石を出し、近くにいた保育士さんにコップをもらって、同じように入れていた。「平行遊び」の始まりか?今まで他人に興味がないどころか怖がってさえいたので、この成長にはちょっと感動です。
2005年5月16日(月) 2歳0ヶ月
 何かがなくなって「おかしいな」と思っているときなどに「あや?(あら?)」と言うようになる。
 また、「好きなご本持っておいで」というと、本棚の前で腕を組んで(というか、両肘を持ってるだけだけど)どれにしようか迷っている。
2005年5月15日(日) 2歳0ヶ月
 「1才からのえびせん」の小パックを食べているとき、パッケージに印刷されているえびせんを一生懸命つまんで袋に入れる真似をしていた。こぼれたからしまわなくちゃと思った?それともこのえびせんを袋に入れればもっと増やせると思った?
2005年5月11日(水) 2歳0ヶ月
 「あか」、「ミッフィー」など、繰り返し言葉以外も言えるようになった。
 錠剤の空シートやサプリメントのパックなどで、食べる「真似」をするようになった。
 何かをしてほしい時、そちらを指差すだけでなく、父や母の手をとったり、足を引っ張って連れて行ったりしようとするようになった。
2005年4月28日(木) 1歳11ヶ月
 向かって右側の下の奥歯が生えてきた。乳歯は上下16本で終わりだと思ってたけど、違うのか?
2005年4月22日(金) 1歳11ヶ月
 犬のぬいぐるみを持って「わんわん」、猫のぬいぐるみを持って「にゃーにゃー」と言うようになる(しこんだからだけど)。でも「にゃーにゃー」はまだちょっと言いにくそう。「えーと、『わんわん』じゃないから・・・」と考えてから言うので、ワンテンポ遅れる。ときどきわざと「わんわん」と間違えて言って、「ちがうでしょ!」とつっこまれると大ウケ。つっこみが欲しいなんて、芸人体質か?
2005年4月20日(水) 1歳11ヶ月
 「まーまー」「ぱーぱー」「じーじー」「ばーばー」「にゃんにゃん」等、簡単な繰り返し言葉なら真似できるものが増えてきた。でもなぜか「じーじー」の発音は「TH」。舌を上下の歯に挟んでます。あんたはアメリカ人か!?
2005年4月19日(火) 1歳11ヶ月
 電話の横に自分で落書きしたメモ帳を置き、それを見ながらボタンをプッシュ(受話器はあげてないので大丈夫。ほっ)。どうやら私が宅配ピザを頼むときの真似しているらしい。確かに実家にも友達にもほとんど電話はしない私(メールが主)。電話かけるっていったらデリバリーくらいだけど、でもそれだってそんなにしてないでしょ!そんなとこ他人に見られたら、私が毎日出前とってると思われちゃうからやめて〜。
2005年4月15日(金) 1歳11ヶ月
 「まーまー」、「わんわん」等、簡単な単語なら口真似できるようになった。
 でも「『おかあさん』って言ってごらん」等、難しい単語を言わせようとすると、「にひゃっ」と笑ってごまかすのはあいかわらず。
 教育テレビの「英語であそぼ」でどアップになるおねえさんに大うけで、おねえさんが「red」とか言ってるのを見ては大笑い。
 でも「red」は口真似してました。「あか」は言えないのに、さすが、幼児に国境なしってか?